ダイエットでの食事制限メリットとデメリット!

ブログ運営者情報


ダウンロード10.png
ダウンロード (31).jpg

あなたはどんな方法のダイエットだったら、成功させられると思いますか。


ダイエットの基本は食事などの摂取カロリーを抑え、運動などで消費カロリーを多くすることです。


摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることで、体内の脂肪を減少させることができます。


食事制限をして、摂取カロリーを抑えるだけでも、長く続けることでダイエットはできるでしょう。


しかし、摂取カロリーを抑えるためにといって、ムリな食事制限をすると体調を崩したり、病気の原因になってしまうことがあります。


ここでは、ダイエットをする時の食事制限について紹介します。




ダイエットする時の食事制限の方法は?


食欲性欲睡眠欲は人間が生きていくために必要な3つの欲といわれています。


本能ともいえるこの3つの欲を制限されると、大きなストレスになってしまいます。


そこで、安全で無理がなく長く続けられるような食事制限方法を行うことが大切です。


ダイエットのために摂取カロリーを抑える食事制限には次のような方法がありますので、簡単にしょうかいしましょう。




方法内容メリットデメリット
断食ダイエット一定期間食べ物を食べないという方法短期間で高価が得られる自分だけで行うのは非常に危険
置き換えダイエット3食のうち1食か2食をダイエット食品に置き換える体への負担や精神的ストレスが小さいダイエット商品などでお金がかかる・止めたときにリバウンドしやすい
糖質制限ダイエット摂取する糖質を抑える糖質の摂取を押させることで摂取カロリーを抑えることができる・糖質の摂取量が少なくなるため血糖は上がりにくくなり、脂肪がつきにくくなる炭水化物の摂取を抑えることが多いため、偏った栄養摂取になりやすい・肝臓や腎臓の負担が大きくなることがある
炭水化物抜きダイエット主食であるご飯やパンなど、炭水化物でできている食べ物を控える炭水化物は糖質と食物繊維でできているので結果的には糖質制限ダイエットと同じ炭水化物抜きでは食物線維を摂取することができないため、食物繊維特有の働きが得られない

食物線維特有の働き

  • 食後の血糖値の上昇を抑ます。
  • コレステロールを吸着して体外に排出することで血中のコレステロール値を低下させます。
  • ナトリウムする効果により、高血圧を予防する効果があります。
  • 有害物質を吸着させて、便と一緒に排出してくれます。

この他にも食事制限ダイエットには、ダイエットサプリメントを利用したりするダイエット方法など、いろいろな方法があります。




ダイエットでの食事制限まとめ


ダイエットには食事制限が必須になります。


ダイエットは短期間で体重を減らすのではなく、体に優しい、「時間をかけて徐々に体重を減らしていく」という方法をおすすめします。


とはいえ、食べたいものを我慢したり、イヤな運動をやる生活は、できれば短期間で終わらせたいと思うのが普通ですよね。


ダイエットを続けること自体が、精神的なストレスだと思ってしまうような人もいるでしょう。


ダイエットをストレスと感じないように、少しでも楽しいと思えるダイエットできたらいいでうよね。


そのためには、ダイエットは「美容と健康のためにとてもいいこと」だということを常に考えるようにしましょう。


ストレス解消のために過食に走ってしまって、前より太ってしまったという人もいるようです。


ダイエット時のストレスは、ダイエットに失敗する一番の原因でもあるので、無理なダイエットは禁物です。


食事制限と有酸素運動を組み合わせてダイエットをすることで、ストレスを発散する事ができます。




この記事へのコメント