ダイエット運動ジョギングの効果と方法

ブログ運営者情報




ダイエットを成功させるために、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることは効果的なことです。
またジョギングやウォーキングを、健康維持の為に毎日の運動として取り入れている人も多くいるようです。




ジョギングがダイエットに効果的だといわれる理由


全身を使って行うジョギングを一時間ほど続けると、300キロカロリーのダイエット効果があるといわれ、ダイエット運動に適しています。
体内に蓄積されている脂肪の燃焼を促す以外にも、ジョギングは筋肉増強効果などもあり、健康にとても効果があります。
ジョギングは全身運動ですが、とくに太ももをよく使うので、大腿筋の強化が可能です。
筋肉には、代謝を促進する作用があリますので、やせたい場所の筋肉を強化するようにしましょう。
なので、単なる運動よりも筋肉増強効果がある運動をするほうが、結果的にダイエットにいい影響をもたらしてくれます。
ジョギングはどんな人でも簡単にできる運動ですので、特別な準備や知識もいりませんし、性別や年齢を問わず始められます。
しかし、痩せる運動として人気がある反面、ジョギングは嫌いな運動にも良くあげられます。
その理由は、ジョギングは苦しい運動であり、体に負担がかかり、膝や足を痛める場合もあるからです。
日頃、運動不足の人がいきなりジョギングを始めると、体が運動になれていないので、なれるまで時間がかかる可能性があります。
とくに肥満体型の人は、膝にかかる体重の負荷がとても大きくなってしまいます。
精一杯走るジョギングではなく、無理をせず自分に合ったスピードで、ゆっくりとしたジョギングを毎日続けることのほうがやせる効果があったりもするようです。
ジョギングする距離も、開始初日から10キロも、15キロも走ろうとしていると、目標達成できないままに翌日にはやめてしまったりすることにもなります。
ダイエットのためのジョギングは、自分に合ったペースで毎日続けることが、効果的なのです。


ダイエットに効果的なジョギングの方法


痩せたいと思っている女性は、ダイエットに効果があるということは全てトライしてみるけど、思うように痩せられずに断念している人は多いようです。
まずは、根気よくダイエットを継続することが、成功には欠かせないことです。
ある程度の結果が出るまでは時間がかかるダイエットが多いですが、1週間程度で結果が出ないとやめてしまう人は少なくありません。
多くの場合、体に負荷をかけずに気長に続けることができれば、少しずつ効果が得られるようになります。
技術やテクニックも必要なく、誰にでも手軽にできて、継続が可能なダイエット運動の、ジョギングは時間や場所の制約が比較的少ない運動ですし、ジョギングならば運動が得意でない人もチャレンジすることができます。
ジョギングのペースは
ジョギングのペースは、会話ができるくらいのペースで、20分以上のランニングをすることで、ダイエット効果があります。
無理にスピードを早くしないで、むしろゆっくりしたペースで走るくらいのほうが、脂肪の燃焼には適しています。
20分以上続けるようにすることがポイントです。
20分以上のランニングを行うことによって、体脂肪の燃焼効率が高まるからです。
並んで走っている時に言葉を交わせるくらいの早さを心がけながらランニングをすることで、体に負荷をかけすぎずにダイエットをすることが可能です。
ダイエットのためのジョギングは、自分に合ったペースで毎日続けることが、大切なのです。


ダイエットに効果的なジョギングまとめ


ダイエットの基本は食事と適度な運動ですが、その運動としてジョギングをしている人は大勢います。
ジョギングは、誰でも簡単に始められるダイエットに効果的な有酸素運動です。
しかし、ジョギングをする上で、注意することがあります。
ジョギングによるダイエットは、継続することがとても大事になります。
短時間の運動一回限りでは効果がありません。
ペースや距離を調整して、自分に合ったジョギングをすることが重要です。
慣れない運動を無理をして続けて、次の日もぐったりしてしまったり、疲れがたまってしまったりするようでは意味がありません。
初めのうちはウォーキングを行い、慣れてきたらジョギングをするのもいい方法です。
疲労を溜めず、余裕のある状態でジョギングを続けましょう。
暑い日には、無理をせず、十分な水分補給をしながらジョギングするようにしましょう。
水分を補給せずにジョギングを続けると、脱水状態になって熱中症の症状が出てしまう場合があるといいます。
また、寒い季節のランニングは、いきなり走ると故障の原因になりますので、予備運動をきちんと行ってからラジョギングをしましょう。
ダイエットのためのジョギングは、周りの風景などを見ながら心に余裕を持って、楽しく続けることが大切です。



この記事へのコメント