ダイエットとリバウンドについて!

ブログ運営者情報



ダイエットするかどうか考えているときにリバウンドが心配になりませんか?
ダイエットは成功させることは簡単ではありませんが、成功した後にそれを維持していくことも大変なことです。
ダイエットに一度は成功したものの、リバウンドをしてしまったという話はよく聞きます。
日本に限っていえば、ダイエットの経験がある人の、実に60%以上がリバウンドしているといわれています。
半数以上の人がリバウンドをしているということです。
そして、ダイエット経験者の中には、ダイエットとリバウンドを繰り返している人も少なくないようです。


ダイエットとリバウンドの関係


リバウンドとは、一体どういった状態が起きることを意味しているものなのでしょうか?
リバウンドとは、ダイエット等で減らした体重が、急激に元に戻ったり、元より体重が増えてしまうという状況のことです。
ダイエットとリバウンドを交互に経験していると、いずれダイエットがしづらい身体になってしまうといわれています。
ダイエットで大事なことは、減らした体重をそのまま維持することです。

バウンドはなぜ起こってしまうのか?
リバウンドの原因は、その人の体質や状況によりさまざまです。
なぜ人の体がリバウンドするかがわかれば、リバウンドを避けてダイエットを実践することが可能になります。

停滞期
リバウンドは、ダイエットをする人の半数以上の人がが経験していることですが、その背景には停滞期があります。
停滞期とは、ダイエット経験者なら、経験がある人もいると思いますが、ダイエット直後はどんどん体重が減っていきますが、あるとき急に体重が減りづらくなってしまいます。
この体重が減りづらくなった時期を停滞期といい、ダイエットがうまく進まなくなることがあります。
しかし、停滞期は、太りやすくなるということではありません。
人間の身体にはホメオスタシスという機能あって、環境の変化に左右されずに、体温や体重などの内部環境を一定に保ち続けようとします。
体重を減らすことを目的として食事量を減らしたとしても、身体はカロリー補給が途絶えたと認識して、一時的なトラブル発生だと判断します。
そして、生き延びるために、体内でできるだけエネルギーを消費させないようにと、ホメオスタシス機能が発動するのです。
食事量は減らしているのですが、消費エネルギーが抑えられるため、結果的にリバウンドしてしまうのです。

ホメオスタシス機能が発動しないようにする方法
いくらダイエットといっても、短期間で急激に体重を減らすとホメオスタシス機能が発動しやすくなってしまいます。
ホメオスタシス機能が発動しないようにするためには、1カ月に減らす体重は2㎏程度して、適度な食事制限にすることが重要です。
ダイエットでリバウンドしないように、ダイエット方法をよく考えてダイエットをしましょう。

レプチンと満腹感
レプチン食欲を抑制するホルモンで脂肪細胞から分泌される生理活性物質)の 1 つで、食欲を抑制し、エネルギー消費を増加させます。
また、体内脂肪を調整する作用もありますが、肥満になると、作用が低下してしまいます。
食後20分くらいで、脂肪細胞に脂肪が吸収されレプチンが分泌されて、レプチンの刺激が満腹中枢を伝わると、満腹だと感じることができるのです。
しかし、ダイエットをするとレプチンの分泌量が減って、満腹感を感じにくくなってしまいます。
ダイエットをすると満腹感も違ってきます。
そしてダイエットを中断しても、レプチンの量がもとに戻るには約1ヶ月くらいかかるといわれていて、その間は満腹感が感じにくくなっています。
ダイエットを止めると食事の量ももとに戻りますが、レプチンの分泌量が少ないために満腹感が感じにくくなり、つい食べすぎてしまうのです。
こうして、リバウンドが起こってしまうのです。
ダイエットのリバウンドは、消費カロリー量より、摂取カロリー量が多すぎる場合などに起きるのです。
停滞期に入っても最低1ヶ月はダイエットを継続すると、リバウンドを避けられる事ができます。
適度な運動をすることで、停滞期を短縮することもできます。
また、食事のときによく噛むことやゆっくり食事をすることでレプチンが分泌する前に食べすぎてしまうことを防ぐことができます。
ゆっくり食事をすることで、食事の途中でもレプチンが分泌することで、満腹感を感じることができるのです。
ダイエットの基本の消費カロリーを増やすためには、基礎代謝を高くする筋肉を体につけることが大事であり、そのことがダイエット時のリバウンド予防につながります。


この記事へのコメント